MOLwebinar0702_1
 印刷 2021年05月17日デイリー版2面

国内船主の今】(266)「市況後追い」のリスク。持てる者だけが市況上昇を享受

 「日本勢が売船した後に市況が上昇するという、またしても皮肉な状況が発生している」 邦船オペレーター(運航船社)関係者が苦い表情で話した。■高レート提示のわな 2020年1―12月のケープサイズ(18万重量トン型=180型)スポット用船料の年間平均は1日当たり1万3070ドル。これに対し、今年1―5月の平均は同2万2000ドル弱。足元のスポット用船料4万ドルに比べ、平均で「ならす」と… 続きはログインしてください。

残り:1792文字/全文:1981文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む