MOLwebinar0702_1
 印刷 2021年05月14日デイリー版1面

日本郵船、メタノール燃料、バージで供給。世界初、ロッテルダム港で

 日本郵船は13日、100%子会社のNYKバルクシップアジアが保有するメタノール専用タンカー「Takaroa Sun」が蘭ロッテルダム港で、世界初となるバージ・ツー・シップ方式によるメタノール燃料の供給を成功させたと発表した。メタノール燃料は従来型燃料の重油に比べて、CO2(二酸化炭素)排出量を最大で15%程度削減できる。そのため環境負荷の低い次世代燃料の一つと目されている。今回は本船… 続きはログインしてください。

残り:435文字/全文:627文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む