MOLwebinar0702
 印刷 2021年05月14日デイリー版4面

記者の視点/浅野一歩】北極域研究船にかける期待。温暖化対策へ環境と技術で貢献

 人の居住に適さない氷に閉ざされた場所である南極と北極は古くから多くの探検家を魅了してきた。両極点に到達した探検家ロアール・アムンゼンをはじめ、命懸けの冒険に関する物語と共に語られる両地域は今、地球環境を知る上で重要な役割を果たしている。◆ 南極と北極は文明圏から離れているため、氷の融解や生態系の破壊といった気候変動の影響が表れやすい地域だ。全世界的な温暖化への対策が求められる中、南北双… 続きはログインしてください。

残り:884文字/全文:1079文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む