MOLwebinar0702_1
 印刷 2021年05月12日デイリー版2面

3月期決算】川崎重工船舶海洋、営業赤字30億円。新造船受注は5隻

 川崎重工業が11日発表した2021年3月期連結決算は、船舶海洋事業の営業損失が30億円となり、前の期の6億円から赤字幅が拡大した。防衛省向け潜水艦の工事量増加などで増収だったものの、操業差損の発生などが収益を圧迫した。期間中に新造船として、VLGC(大型LPG〈液化石油ガス〉船)4隻、潜水艦1隻の計5隻(前の期はVLGC4隻)を受注した。船舶海洋事業の前期連結売上高は、前の期比11%増の7… 続きはログインしてください。

残り:306文字/全文:499文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む