MOLwebinar0702
 印刷 2021年05月10日デイリー版2面

国内船主の今】(265)“身の丈”に合った船。中古ケープ売却、昨年で一巡

 「ケープサイズの大半は昨年までに船主に返船されたのではないか」 6日午後、在京ブローカーが足元のケープサイズ市況の高騰の影響について分析した。■逆ザヤなし 6日時点のロンドン市場でのケープのスポット用船料は4万5000ドル弱。損益分岐点の2倍超の高値水準である。ブラジル産鉄鉱石は新型コロナウイルスの感染拡大で出荷が鈍いとの見方もある。同ブローカーが続ける。「海運大手は昨… 続きはログインしてください。

残り:1671文字/全文:1858文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む