ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年05月06日デイリー版2面

現代重工グループ、1―3月期、営業益675億ウォン確保。新型コロナ影響も黒字

 韓国・現代重工業グループの造船持ち株会社、韓国造船海洋の2021年1―3月期連結決算(速報ベース)は、営業利益が675億ウォン(約66億円、1ウォン=0・098円)で前年同期比45%減だった。新型コロナウイルスの影響があったものの、建造量増加のほか、新規受注船の受注工事損失引当金の減少などを反映したとみられる。売上高は3兆6815億ウォンで7%減。純利益が636億ウォンと61%減だった。… 続きはログインしてください。

残り:315文字/全文:507文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む