ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年05月06日デイリー版3面

3月期決算】宇徳、経常益78%減。コロナ響く

 ◇宇徳 経常利益は前の期比78%減の6億7400万円。新型コロナウイルス感染拡大の影響で貨物の取り扱いが減少し、売上高は10%減の487億円、営業利益84%減の4億5400万円。純利益は宇徳通運の連結子会社化による負ののれん発生益を計上し、66%減の8億2300万円だった。セグメント別では、港湾事業が14%減収、経常利益41%減の12億円。コンテナ取扱量は寄港隻数減が響き、減少。完成車は年… 続きはログインしてください。

残り:258文字/全文:455文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む