ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月30日デイリー版2面

ダイハツディーゼル、営業益63%減。コロナ禍で営業活動苦戦

 舶用補機製造などを手掛けるダイハツディーゼルが28日発表した2021年3月期連結決算は、営業利益が9億9400万円と前の期比63%減だった。新造船需要の低迷が続く中、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い各国で営業活動が制限されたことなどが響いた。売上高は6%減の567億円で、このうち内燃機関部門の舶用機関関連は7%減の445億円だった。防衛省向けが寄与したものの、商用向けとメンテナンス関連の… 続きはログインしてください。

残り:233文字/全文:430文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む