ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月30日デイリー版3面

博多港、自動化CT動向など紹介。第3回WS、日本海側港湾と連携も

 博多港振興協会と博多港ふ頭、九州大学大学院工学研究院海域港湾環境防災共同研究部門は27日、第3回「博多港の振興に向けたワークショップ(WS)」をオンラインで開催した。自動化コンテナターミナル(CT)の動向や同港の成長戦略などについて講演。博多港ふ頭の中園政直社長は、「WSという形式は今回で最後となる。今後成果を整理し、日本海側港湾との連携や脱炭素化に向けた取り組みなど引き続き議論したい」と語った… 続きはログインしてください。

残り:830文字/全文:1026文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む