ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月30日デイリー版3面

関西発着貨物、スペース確保で明暗。東南ア航路、輸出緩和・輸入苦境

 【関西】世界的な海上コンテナ輸送でのスペース・コンテナ不足が続く中、関西発着の貨物は一部東南アジア航路の輸出と輸入とで対照的な状況となっている。輸出入ともに運賃が高止まり傾向にあるのは同じだが、スペース確保やブッキングで輸出が今春にかけて状況緩和する一方、輸入は困難な状況が続く。関西発着のアジア関連貨物では、タイ出しやベトナム・ホーチミン出しの日本向け輸入でブッキングが困難な状況が続いてい… 続きはログインしてください。

残り:558文字/全文:755文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む