ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月30日デイリー版3面

日本通運、警備輸送事業分社化を検討

 日本通運は28日、警備輸送事業の分社化に関する検討を開始すると発表した。持ち株会社体制移行の一環で、グループ全体最適の中で、事業会社としての役割・責任を明確化し、時代の変化に対応した専門性と競争力を強化するのが狙い。日通は警備輸送事業のパイオニアとして、1965年の業務開始以来、現金輸送業務やビジネスセンター業務を拡大。警備輸送業務の全国ネットワークを構築し、業界トップのシェアを維持してき… 続きはログインしてください。

残り:148文字/全文:294文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む