印刷 2021年04月28日デイリー版2面

モザンビーク向けLNG船プロジェクト、17隻の調達商談 注目集まる。トタルが不可抗力宣言

 エネルギー大手の仏トタルは26日、同社が主導するモザンビークのLNG(液化天然ガス)プロジェクトに関してフォースマジュール(不可抗力)を宣言した。それを受けて海運関係者は、同プロジェクト向け新造LNG船17隻の調達商談の行方を注視している。邦船大手3社を含む海運4社と韓国の造船2社は昨年12月、トタルが主導するモザンビークのLNGプロジェクト向けで、17万立方メートル級LNG船17隻の建造… 続きはログインしてください。

残り:337文字/全文:530文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む