ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月28日デイリー版2面

IMO、衛星測位システム、「みちびき」活用へ。海上輸送の安全性向上図る

 国土交通省は27日、IMO(国際海事機関)の第8回航行安全・無線通信・捜索救助小委員会(NCSR8)の結果概要を発表した。同委員会では、日本の衛星測位システム「みちびき」による船舶の国際的な利用について基本合意した。外国の船舶にも広く利用されることで、海上輸送の安全性向上が期待される。NCSR8はオンライン形式で19日から23日まで開催された。日本の衛星測位システム「みちびき」について、船… 続きはログインしてください。

残り:260文字/全文:453文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む