ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月28日デイリー版2面

川重・ヤンマー・J―ENG、舶用水素燃料主機を開発。25年市場投入、大型船向け

 川崎重工業、ヤンマーパワーテクノロジー、ジャパンエンジンコーポレーション(J―ENG)は27日、外航・内航の大型船向けに、舶用水素燃料エンジンを世界に先駆け共同開発することで合意したと発表した。3社は純国産エンジンメーカーとして技術を結集し、基礎燃焼解析や素材、シール技術開発、船級規則対応などの共通技術要素で連携。各社が2025年ごろの舶用水素燃料エンジンの市場投入を目指す。川崎重工が中速… 続きはログインしてください。

残り:368文字/全文:563文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む