ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月28日デイリー版1面

マースク、21年通期、EBITDA150億ドルに。物流混乱 年末まで

 デンマーク海運最大手マースクは26日、2021年通期のEBITDA(金利・税引き・償却前利益)が130億―150億ドル(日本円で約1兆4000億―1兆6000億円)、EBIT(金利・税引き前利益)は90億―110億ドルになりそうだと発表した。今年2月に公表した従来予想は、EBITDAが85億―105億ドル、EBITは43億―63億ドルだった。またマースクでは21年の世界の輸送需要の伸び率を、これ… 続きはログインしてください。

残り:406文字/全文:600文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む