ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月28日デイリー版1面

東京港、青海で「異常」混雑。車両待機 最大12時間。GW明け懸念

 ゴールデンウィーク(GW)を前に、東京港のヤード処理能力の低下、混雑の悪化が懸念されている。先週、青海公共埠頭で「異常な混雑」(大手ドレージ事業者)が発生。ゲート前で22日朝から翌23日未明を中心に車両渋滞が続き、輸入コンテナの引き取りにかかる待機時間は最大12時間に達したという。港湾関係者の話も併せると、複数のコンテナ船の入港が集中したことにGW前の荷動き増加が重なったと見られる。ドレー… 続きはログインしてください。

残り:764文字/全文:957文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む