ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月28日デイリー版3面

コンテナ実績】北米東航、3月最高78%増182万TEU。コロナ反動増

 日本海事センターがまとめた3月のアジア18カ国・地域発米国向け往航(北米東航)のコンテナ輸送量は、前年同月比78%増の181・5万TEUだった。3月実績としては過去最高。単月の取扱量が180万TEUを超えるのは、昨年8月、10月に続いて3回目。昨年3月は中国のコロナ禍ピークで100万TEUまで低迷していたこともあり、その反動増が大きい。中国積みは2・6倍と大幅増になる一方、日本積みは4カ月連続の… 続きはログインしてください。

残り:962文字/全文:1160文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む