ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月28日デイリー版3面

東京港埠頭、青海A4拡張に着手。来夏までにヤード延伸、埠頭再編が始動

 東京港埠頭会社は、青海埠頭A4コンテナターミナル(CT)の拡張工事に着手する。来年8月末までに隣接するA3ターミナルの岸壁50メートルを活用し、岸壁延長を400メートルに延伸。これにより、CTの蔵置能力は約1950TEU分向上し、本格的な青海埠頭の再編が始まる。東京港では、昨年3月に中央防波堤外側埠頭Y2ターミナルが供用を開始。Y2は同港で最も高規格な水深16メートルの岸壁を有し、大型船に… 続きはログインしてください。

残り:285文字/全文:480文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む