ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月27日デイリー版3面

ANAHD、前期予想改善、最終赤字4050億円。コスト削減が進展

 ANAホールディングス(HD)は23日、2021年3月期の連結業績予想を上方修正し、最終損益が4050億円の赤字(前の期は276億円の黒字)になる見通しだと発表した。昨年10月時点で予測していた5100億円の赤字から改善する。運航規模の抑制による変動費の削減や機材費・販売費をはじめとするコスト削減が進展。繰り延べ税金資産の計上などに伴う法人税など調整額も増加した。新型コロナウイルスの感染再… 続きはログインしてください。

残り:161文字/全文:318文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む