ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月27日デイリー版2面

萩海運、離島航路の新造旅客船、重量超過で建造契約解除へ

 山口県萩市の第三セクター・萩海運は23日、同市の離島・相島と本土間を結ぶ航路に6月に投入予定だった代替新造船について、設計計画よりも重量トン数が約50トン超過していたとして建造元の鈴木造船(三重県四日市市)との間で建造工事請負契約の解除に向けた手続きを進めていると公表した。新造船は鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)との共有建造支援制度を活用。今後の対応について「鉄道・運輸機構と緊密… 続きはログインしてください。

残り:487文字/全文:683文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む