ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月27日デイリー版2面

日立造船、前期営業益を上方修正。工事コスト減など奏功

 日立造船は23日、2021年3月期通期連結業績予想を修正し、営業利益が前の期比8%増の150億円になりそうだと発表した。2月発表の前回予想は135億円だった。固定費削減、工事のコストダウンなどが奏功した。経常利益も22%増の115億円で、前回予想の75億円を上回る。一方、電力卸売り事業で、主要客先の会社更生法申請に伴う契約キャンセルを契機に、固定資産の減損の兆候があることを踏まえ、将来の回… 続きはログインしてください。

残り:161文字/全文:320文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む