ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月23日デイリー版3面

航空混載】JAFA、20年度輸出重量4%減。コロナで需要落ち込む

 航空貨物運送協会(JAFA)がまとめた2020年度(20年4月―21年3月)の日本発航空貨物の輸出取り扱い実績は、重量が前年度比4%減の87万1780トンと2年連続で減少した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が減少したほか、国際旅客便の減便・運休で貨物スペースが激減。年度後半には自動車関連を中心に持ち直したものの、前半の生産活動の落ち込みが響いた。仕向け地別の輸出重量は、TC1(米州… 続きはログインしてください。

残り:172文字/全文:341文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む