ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月22日デイリー版3面

北九州港、20年コンテナ13%減。2年連続マイナス。総取扱量は10%減

 北九州市港湾空港局のまとめによると、北九州港の2020年(1―12月)のコンテナ貨物取扱個数(速報値、空コンテナ込み)は、19年比13%減の47万3393TEUで、2年連続の前年割れとなった。外貿・内貿ともに低調に推移した。非コンテナ貨物も含めた総取扱貨物量(重量ベース、外内貿合計)も10%減の8845万トンと減少。2年連続のマイナスとなった。コンテナ取扱個数のうち外貿コンテナは41万31… 続きはログインしてください。

残り:342文字/全文:533文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む