ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月20日デイリー版4面

スエズ座礁事故】国交相、「ルールに基づき決まる」と強調。損害賠償に言及

 赤羽一嘉国土交通相は16日の閣議後会見で、エジプト・スエズ運河で座礁した大型コンテナ船を所有する「正栄汽船」(本社・愛媛県)グループが、スエズ運河庁(SCA)から約1000億円の損害賠償や離礁コストなどを請求されたことについて、「保険会社と船主、先方が打ち合わせをしてルールに基づいて決まるものだと思っている」と話した。スエズ運河で3月下旬に発生した大型コンテナ船「Ever Given」の座… 続きはログインしてください。

残り:227文字/全文:420文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む