ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月19日デイリー版3面

航空FW20年取扱量、日通8位・KWE11位。DSVパナ3位浮上

 米物流メディア、トランスポート・トピックス(TT)がこのほどまとめた主要航空フォワーダー(FW)の2020年取り扱いランキングによると、19年の上位3社がいずれも前年比2桁の減少となった。昨年4位だったDSVパナルピナが19%増で3位に浮上した。日系では日本通運が8位(72万トン)で最高位。近鉄エクスプレス(KWE)は11位(56万トン)だったが、傘下のAPLロジスティクスの数字を合わせたグルー… 続きはログインしてください。

残り:656文字/全文:846文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む