ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月19日デイリー版1面

リオティント新造商談、EPSなど獲得。LNG焚きケープ

 関係筋によると、英豪資源大手リオティントのLNG(液化天然ガス)焚(だ)きケープサイズバルカーの新造整備商談で、シンガポール船主イースタン・パシフィック・シッピング(EPS)などが用船契約を獲得したようだ。邦船大手も応札していたが、獲得には至らなかった模様。今回の商談はリオティントが出荷する鉄鉱石をLNGも焚ける二元燃料対応の21万重量トン級の大型バルカーで、豪州から中国まで輸送するという… 続きはログインしてください。

残り:468文字/全文:659文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む