ゴールドマン・サックス証券ウェビナー
 印刷 2021年04月13日デイリー版1面

新時代の日本造船 生き残り戦略】(3)ジャパンマリンユナイテッド社長・千葉光太郎氏。市況変化に即応、柔軟性磨く

 ■今造と融合順調 ――今治造船との商船営業・設計の合弁会社「日本シップヤード(NSY)」が年初に始動した。現時点の評価は。「営業・設計の両面で融合が進んでおり、大きな手応えを感じている。特に営業面では、今治造船とジャパンマリンユナイテッド(JMU)の顧客層の重複が想定以上に少なく、NSYによる共同営業を始めたことでJMU単独の体制に比べ、新造案件の引き合いの機会が明確に増えている」… 続きはログインしてください。

残り:4198文字/全文:4387文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む