海事アカデミア2021 残席僅か
 印刷 2021年04月09日デイリー版1面

輸組まとめ、20年度受注6%増。下期回復鮮明、3月2.3倍

 日本船舶輸出組合が8日発表した2020年度(20年4月―21年3月)の輸出船契約(受注)実績は、895万総トンと前年度比6%増だった。受注量はコロナ禍を受けた新造商談の停滞により、4―6月に前年同月比4―7割減と大きく低迷。だが8月にプラスに転換し、直近の3月は前年の反動増もあり2・3倍となるなど、下期は回復傾向が鮮明になっている。ただ年度ベースでは過去20年で5番目の低水準で、手持ち工事量も2… 続きはログインしてください。

残り:812文字/全文:1008文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む