海事アカデミア2021 残席僅か
 印刷 2021年04月09日デイリー版3面

「実質的な洋上通関」普及へ取り組み本格化。国交省―制度周知、港湾運営会社―支援開始

 国際コンテナ戦略港湾への集貨促進に向け、国際フィーダー貨物の輸出入申告手続きを内航船の航行中や外航船の母船到着前に始める「実質的な洋上通関」を後押しする取り組みが本格化している。日本港運協会(日港協)の久保昌三会長の昨年12月の要望を受け、国土交通省は先月、関連する税関申告制度の周知文書を港湾局長名で発出。東西の港湾運営会社は地方などの事業者が戦略港湾で税関検査の立ち会い業務を委託する費用の支援… 続きはログインしてください。

残り:1369文字/全文:1567文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む