MOLwebinar0702_1
 印刷 2021年04月09日デイリー版2面

市況2021】ケープ続伸 2.2万ドル超。西豪―中国 活発

 18万重量トン級ケープサイズバルカー市況が回復基調を強めている。足元の主要航路平均値は2万2000ドル超を付け、新鋭船の損益分岐点2万ドル台半ばに迫っている。市場関係者によると、西豪州発中国向け(C5航路)の荷動きが活発化しているという。7日付の英ロンドン市場で主要航路平均値は、前日比1506ドル高の2万2468ドルと、3営業日続伸。水域別では、1万7680ドルの大西洋に対し、2万7133… 続きはログインしてください。

残り:162文字/全文:320文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む