海事アカデミア2021 残席僅か
 印刷 2021年04月09日デイリー版2面

放置外国籍船 港の憂鬱。油濁? 座礁? 係留? 改正油賠法で改善も自治体の負担重く

 日本経済を支える海上輸送。日本には毎年、約10万隻の外航貨物船が入港し、荷役作業を終えれば出港して次の目的地に向かう。ところが、何らかの事情で出港できなくなり、そのまま滞留して港湾管理者を悩ませることがごくまれにあるようだ。座礁などで身動きが取れなくなるだけでなく、航行不能となり岸壁に係留されて船員だけ帰国して放置されるケースもあるという。海外の船主と連絡しても撤去にすんなり応じるわけではないよ… 続きはログインしてください。

残り:1976文字/全文:2176文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む