海事アカデミア2021 残席僅か
 印刷 2021年04月09日デイリー版6面

物流連など、高度物流人材に必要なものは。27日、都内でシンポ

 国土交通省、経済産業省、日本物流団体連合会は27日、東京都千代田区の学士会館(オンラインと併用)で「高度物流人材シンポジウム―新時代のロジスティクスと、いま求められる人材像」を開催する。高度物流人材に求められる能力を明らかにするとともに、今後の物流業界の可能性を提示し、文理を含めた幅広い人材の物流分野への参入を促す。

 シンポでは国交省の久保田雅晴公共交通・物流政策審議官、ローランド・ベルガーの小野塚征志パートナー、野村総合研究所の藤野直明主席研究員、東京大学の西成活裕先端科学技術研究センター教授を講師に招く。

 パネルディスカッションでは「物流クライシスを乗り越えるDX(デジタルトランスフォーメーション)時代の高度物流人材像」をテーマに、西成氏がファシリテーター(進行役)を務める。

 午後4―7時。参加無料、定員はウェブ1000人、学士会館80人。事前申し込みが必要(https://www.butsuryu.or.jp/event/link)で、定員になり次第締め切る。

 ▽問い合わせ先 シンポジウム事務局(日本物流団体連合会、電話03・3593・0139、Eメール=symposium@butsuryu.or.jp)