海事アカデミア202104
 印刷 2021年04月08日デイリー版3面

欧米国際物流大手20年決算、航空・ECがけん引。荷動き拡大で下期回復

 欧米国際物流大手9社の2020年業績は、航空貨物フォワーディングとEC(電子商取引)物流がけん引した。上期(20年1―6月)は新型コロナウイルス禍が直撃したが、下期(同7―12月)は「巣ごもり消費」や企業の生産再開を背景に海上、航空輸送ともに荷動きが拡大。特に航空貨物の運賃高騰がフォワーダー各社の業績を押し上げた。ただし、コントラクト・ロジスティクス(CL、物流一括受託)などの分野の回復は鈍く、… 続きはログインしてください。

残り:1000文字/全文:1192文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む