海事アカデミア202104
 印刷 2021年04月08日デイリー版1面

市況2021】ケープ2万ドル再騰。伯沖で滞船

 鉄鋼原料などを輸送する18万重量トン級ケープサイズバルカー市況が上昇している。足元の主要航路平均値は約2カ月半ぶりに再び2万ドル台を付けた。中国向け輸送需要が堅調なほか、船員交代に伴う船舶の稼働率低下やブラジル沖での滞船などで船腹需給が締まっている。6日付の英ロンドン市場での主要航路の平均値は2万962ドルで、1月26日付以来、約2カ月半ぶりに2万ドルを記録した。2万ドル台半ばとされる新鋭… 続きはログインしてください。

残り:179文字/全文:356文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む