海事アカデミア202104
 印刷 2021年04月08日デイリー版2面

新型コロナ】フェリー、旅客2月半減、影響続く。初の緊急事態宣言から1年

 政府が新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため、国内で初の緊急事態宣言を出してから7日で1年が経過した。各地のフェリーは感染拡大の影響を受け、全運賃収入の3割強(業界平均)を占めるとされる旅客輸送が大きく減少。一部地域に2度目の緊急事態宣言が発令されていた2月の長距離フェリーの旅客輸送人員は前年同月比半減と落ち込んだ。フェリー関係者らによると、3月に同宣言が解除されたことで利用客は戻ってきたが… 続きはログインしてください。

残り:671文字/全文:869文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む