海事アカデミア202104
 印刷 2021年04月08日デイリー版2面

FMG、LNG焚きケープ商談中止。アンモニア 実用化「25年」か

 海外報道によると、豪資源大手フォーテスキュー・メタルズ・グループ(FMG)がLNG(液化天然ガス)焚(だ)きケープサイズバルカーの新造整備商談を取りやめ、グリーンアンモニア燃料船の開発を進める方針に転換した。グリーンアンモニア焚きの実用化は「2025年ごろではないか」(邦船社の関係者)との見方があり、仮に新造整備商談が設けられる場合も、時期は当面先になるとみられる。「FMG幹部が世界中を回… 続きはログインしてください。

残り:396文字/全文:585文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む