海事アカデミア202104
 印刷 2021年04月07日デイリー版1面

スエズ座礁事故】国交相、多様な輸送手段検討へ。「安定的な国際物流を」

 赤羽一嘉国土交通相=写真=は6日の閣議後会見で、大型コンテナ船のスエズ運河座礁事故を受けて、「安定的な国際物流の実現のために多様な輸送手段・輸送ルートを確保しておくことの重要性が改めて認識された」と述べ、代案手段について検討する考えを示した。座礁事故の影響で、同運河は6日間通航不能となり国際物流に大きな影響を与えた。スエズ運河が遮断していた3月23日からの6日間に、通航再開までの時間が長引… 続きはログインしてください。

残り:199文字/全文:396文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む