海事アカデミア2021 残席僅か
 印刷 2021年04月07日デイリー版6面

新刊書】牧野光琢著「日本の海洋保全政策―開発・利用との調和をめざして」、海を学ぶ人の「羅針盤」

 地球上で最大の生態系である海は、人類が持続可能な発展を遂げていくための鍵を握る。国境を越え、自然の摂理に基づいて循環を繰り返す海を、人類が協力して学び、理解し、活用し、保全していくための知恵は、国際連携と平和の推進にもつながるはずだと説く。本書は大学生・大学院生向けに書かれた入門用テキスト。海洋保全政策から水産資源管理、海洋プラスチックごみ、海洋エネルギー、気候変動、国際連携まで最新の話題… 続きはログインしてください。

残り:199文字/全文:395文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む