海事アカデミア2021 残席僅か
 印刷 2021年04月06日デイリー版3面

名古屋港、荷役機械FC化や発電所ゼロエミ推進。水素需要は年間230万トン

 【中部】中部地方整備局と名古屋港管理組合は2日、名古屋港カーボンニュートラルポート(CNP)検討会の結果を公表した。名古屋港におけるCO2(二酸化炭素)排出量を年間2880万トンとした上で、水素需要ポテンシャルは年間230万トンと推計。CNP形成に向けてターミナルで荷役機械・輸送車両のFC(水素燃料電池)化、臨海部で発電所におけるゼロエミッション化などに優先的に取り組むとした。CO2排出量… 続きはログインしてください。

残り:609文字/全文:800文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む