海事アカデミア2021 残席僅か
 印刷 2021年04月02日デイリー版1面

名古屋港、RORO・在来船を活用。コンテナ不足影響、梱包変更も

 【中部】昨秋から続くコンテナ物流の混乱は、輸出貨物の比率が高い名古屋港にも大きな影響を与えている。荷主やフォワーダーによっては、北米向けを中心にコンテナ船の代替手段としてRORO船や在来船を活用した輸送を検討、実施している。輸送方法の切り替えに当たっては、スケジュールや費用を比較する中で梱包形態の変更も大きな判断材料となる。コロナ禍の巣ごもり需要による供給を上回る荷動き、港湾の労働者不足な… 続きはログインしてください。

残り:940文字/全文:1137文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む