海事アカデミア2021 残席僅か
 印刷 2021年04月01日デイリー版1面

スエズ座礁事故】マースク、スポット貨物一時停止。事故影響、供給量3割減も

 スエズ運河で座礁していた大型コンテナ船「Ever Given」の離礁に成功して同運河は通航を再開したが、正常化には一定の時間が必要なため、しばらくコンテナ船サービスへの影響は避けられない見通しだ。コンテナ船最大手マースクは当面の混乱回避のため、スポット貨物の引き受けを一時的に停止することを明らかにした。マースクは今後数週間で、コンテナサービスの供給量が最大30%減少する可能性があるとしている。… 続きはログインしてください。

残り:569文字/全文:768文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む