海事アカデミア2021 残席僅か
 印刷 2021年03月29日デイリー版2面

スエズ座礁事故】パナマ海事庁、原因特定へ調査

 パナマ海事庁(AMP)は25日、スエズ運河で発生した大型コンテナ船「Ever Given」の座礁事故の調査を開始したと発表した。AMPは「事故の発生した場所(スエズ運河)の戦略的重要性を考慮し、事態改善のため最良の方法を探す」とし、原因を特定する方針だ。AMPが調査を開始したのは、今回の事故が発生した23日の早い段階とされる。事故を起こした同船はパナマ籍であるため、AMPが調査を開始した… 続きはログインしてください。

残り:127文字/全文:250文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む