海事アカデミア2021 残席僅か
 印刷 2021年03月22日デイリー版5面

記者の視点/鈴木一克】災害対応に欠かせない内航海運、役割を担いやすい環境整備を

 東日本大震災から今月11日で10年が経過した。震災直後から内航船やフェリーは被災地救援、支援、復旧・復興のために活躍。フェリーでは人流も担える特性を生かし、被災地に向かう自衛隊、警察、消防、水道、医療、電力・ガス、自治体などの関係者・車両などを運んだ。内航船では、燃料不足が深刻だった被災地に向けた石油製品輸送などで貢献。震災復旧、復興に向けた物資輸送なども担い続けた。◆ 震災では、以上の… 続きはログインしてください。

残り:1085文字/全文:1281文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む