海事アカデミア202104
 印刷 2021年03月22日別版特集2面

安全特集】商船三井、船主と共に安全管理体制を構築。品質・評価基準 見直す。

 商船三井は、昨年夏に国内船主から用船していたばら積み貨物船「WAKASHIO(わかしお)」がモーリシャス島沖で座礁し燃料油が流出した事故を受けて、用船の安全に対する関与を従来以上に強化する。同時に陸上から本船の安全をサポートする体制も見直す。パートナーである船主と手を携えて、安全運航管理体制のさらなる強化を図る方針だ。商船三井は今回の「WAKASHIO」の座礁・漏油事故を踏まえて、昨年12… 続きはログインしてください。

残り:1486文字/全文:1681文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む