印刷 2021年03月19日デイリー版1面

ゼロエミ燃料、アンモニアで開発増加。小型船は水素・バッテリー

 海運の脱炭素化に向けた企業連合「ゲッティング・ツー・ゼロ・コーリション」(GTZ)によると、現在、世界で進行中の舶用ゼロエミッション(実質的に温暖化ガスを排出しない)燃料の実証実験プロジェクトは106件に上り、昨夏の前回調査時に比べて6割増加している。特に大型船でアンモニア燃料船の開発計画が活発化し、2020年に新規10件が始動。一方、小型船では水素とバッテリー技術の開発が進み、燃料生産では再生… 続きはログインしてください。

残り:598文字/全文:794文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む