海事アカデミア202104
 印刷 2021年03月11日デイリー版2面

サムスン重、20年12月期業績下方修正。リグ解約の仲裁敗訴などで

 韓国造船大手のサムスン重工業は9日、2020年12月期連結決算(速報ベース)の修正を韓国取引所に告示した。セミサブマーシブル・リグ(半潜水型掘削設備)の発注者による解約に関して、仲裁を申し立てていたものの敗訴。前受け金の返還に伴う追加の引当金計上などを反映する。修正後の20年12月期の営業損失は、1兆541億ウォン(19年12月期6166億ウォンの損失)となった。2月に発表した修正前の7664億… 続きはログインしてください。

残り:218文字/全文:412文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む