海事アカデミア202104
 印刷 2021年03月02日デイリー版1面

社告】船舶向け記事無料配信、22年5月末まで延長

船舶向け記事無料配信22年5月末まで延長
船舶向け記事無料配信22年5月末まで延長

 日本海事新聞社は昨年8月から、船員支援キャンペーン「船舶向け記事配信」の無料配信を実施しております。今回、無料配信期間を当初予定の2021年3月末までから、22年5月末まで延長いたします。コロナ禍で厳しい状況でも海運の現場で働く船員に対し情報提供で支援するもので、現在100隻以上の外航・内航船に配信しています。船舶への記事配信サービスは、申し込みページ(https://tinyurl.com/ycdlaujb)またはQRコードから申し込みいただけます。

 記事配信は、船舶の通信環境を考慮し、メールでのテキスト方式を採用しています。期間延長に伴い、利用者からの要望が多い英文記事の本数を増加しました。対象船舶に日本語と英語の記事をそれぞれ1日1回配信します(計2本)。またアプリ「海事電子版」が使用可能な船舶向けには、無料IDを発行します。

 配信期間延長については、コロナ禍収束の見通しが不透明なことに加えて、海運業界が取り組むSDGs(持続可能な開発目標)に不可欠な船陸間の情報格差解消が大きな目的です。

 当社は、当事者意識を持った報道と各種キャンペーンを通じ、持続可能な経済・社会の実現に向けて行動し続けます。

日本海事新聞社