海事アカデミア202104
 印刷 2021年03月01日デイリー版1面

近海貨物船、日本積み8000ドル強。中国沖待ちで逼迫

 近海貨物船のスポット用船市況が上昇している。1万2000重量トン級の日本積み―東南アジアの用船レートは日建て8000ドル強と、昨年末比2割上昇。新型コロナウイルス対策の検疫強化などを背景に中国の主要港で沖待ちが拡大しており、厳格な荷役スケジュールを求められる日本積み鋼材に対応可能なスポット船が逼迫(ひっぱく)。フリー船腹をあまり持たない一部のオペレーターは高値のスポット用船を強いられる局面が想定… 続きはログインしてください。

残り:548文字/全文:746文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む