海事アカデミア202104
 印刷 2021年02月26日デイリー版2面

マースク、欧アンモニア製造に参画。再エネ由来、代替燃料の候補に

 デンマーク海運最大手APモラー・マースクは23日、再生可能エネルギー・インフラ投資を得意とするデンマーク投資会社コペンハーゲン・インフラストラクチャ・パートナーズ(CIP)が主導する、欧州最大のグリーンアンモニア(再エネ由来のアンモニア)製造施設の建設計画に参画すると発表した。2026年の製造開始を予定している。マースクは将来の船舶用代替燃料として、3つの候補の一つにアンモニアを挙げる。計… 続きはログインしてください。

残り:559文字/全文:752文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む