海事アカデミア202104
 印刷 2021年02月26日デイリー版3面

北米東航荷動き、1月9%増169万TEU。中国・東南ア増勢続く

 日本海事センターによると、1月のアジア18カ国・地域発米国向け往航(北米東航)コンテナ貨物輸送量は前年同月比9%増の169万TEUとなり、7カ月連続で増加した。中国積みが2桁増だったのに加え、ASEAN(東南アジア諸国連合)、南アジア積みの増勢が続いた。これに対して、日本積みは2カ月連続で2桁の減少だった。1月の荷動きを国・地域別で見ると、中国積みは10%増の98・4万TEUと7カ月連続の… 続きはログインしてください。

残り:720文字/全文:913文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む